沖縄瞑想日記

「ほんの少しの瞑想でより充実した幸せな毎日を!!」

ハイパーメディアクリエイター高城剛さんの著書の「多動日記」が衝撃的!!

 ハイパーメディアクリエイター高城剛さん。高城のさんの2017年の著書の多動日記。高城さんが旅をしつつ旅先の情報や、その場所や世界の社会情勢、今後の動向や人類の歩みやこれかの日本の未来について書かれた本です。未来を自由に旅してみたい方はマストバイな一冊だと思います。

 

ハイパーメディアクリエイター高城剛さんの著書の「多動日記」が衝撃的!!

f:id:blessman:20181229163626p:plain

f:id:blessman:20181229163712p:plain

目次がカッコイイ!!

 世界中を旅しながら生活している高城剛さんらしく、目次は旅先と日付という斬新な目次になってます。旅先でのできことやその時思う内容が書かれています。

 

 

 

高城さんの写真も楽しめる

 初めの20ページくらいは高城さんの撮った写真で旅の臨場感を楽しめることができます。1ページに3〜4枚くらいの写真があるので全部で100枚くらいの写真が現地の臨場感を高めてくれます。

 

 一日に2000枚ほど写真を撮るほど写真が好きな様です。この本でも写真について言及していて、テクノロジーが進化してカメラや編集のアプリがかなり優秀になってる様です。写真も綺麗に取れる高城さん。

 

文才に関心、比喩や描写が面白い

 高城さんの著書でも、特にこの本が高城さんの言葉を楽しめると思います。こんなに文才のある人なんだ〜と正直驚かされました。

 

 高城さんの考えてる事をお洒落でわかりやすい言葉にしてくれてます。考えてる事自体が次元が違う感じもしますが、根本的にはおかしな矛盾を孕んでることが多く、それを分かりやすい言葉や比喩を使って書かれています。

 

旅小説よりも、旅小説ぽい

 旅をするのが非現実的なので、この本自体非現実的。旅をしながら生きるライフスタイルなのでそのライフスタイルが非現実的で、もうこの本自体が小説の様になってます。現実は小説より奇なり実践してる本です。

 

 

元来人間は移動して生活していた!?

 日本人で、高城さんの様に旅をして生活しているの人はまだあまりいないのではないでしょうか❓

 

 高城さんは以前から、人間は移動して暮らしていたと主張しています。農耕社会になる7万年前くら今では、狩猟採集して定住せず移動を繰り返し生活していました。

 

 人間は移動して生活する様にプログラムされていて、定住する様になって文明は豊かになりましたが色々と弊害も出てくる様になりました。

 

 精神的な疾患もその一つだと言います。移動をすることで、面白い考えが浮かぶと高城さんは言います。クリエイティブな発想は移動距離に比例するとも。

 

高城さんの著書を網羅的に知ることができる本

 高城さんの本を色々と読みましたが、その本の内容を網羅的に知ることができる本だと思います。高城本の入門本に持ってこいの本だと思います。以下の本のエッセンも知ることができる「多動日記」は高城さんの情報が詰まった本です。

不老超寿

不老超寿

 

 「健康のためなら死んでもいい」という名言を作った高城さんの健康管理の哲学や実践方法、様々な最新の人体の健康にすることも多動日記には書かれています。瞑想を日常的に行ってる瞑想ベテランの高城さん、精神的な健康に関することも書かれています。

2035年の世界

2035年の世界

 

 人類の未来に関する内容、旅をし続けてネットでは得られないリアルな未来。テクノロジーや社会、医療や政治や金融関係や国際的な問題を未来からの視点で語ってくれます。

 移動して生活するには何は必要で、何が不必要になってくるのか教えてくれる内容。年々高城さんは手荷物が減って行くと言います。

 

 以前は物質的で、青山に家を構えその家を埋めつくほどのモノに囲まれた生活を送っていたそう。そんな高城さんは今ではバックパック一つで旅をている様です。必要なもを厳選する知恵を与えてくれる内容。

私の名前は、高城剛。住所不定、職業不明

私の名前は、高城剛。住所不定、職業不明

 

 なぜ、高城剛は漂流して暮らすのか❓高城剛さんの生き方が書かれた内容です。逆になぜ、定住して生活するのか❓を考えさせられる内容。

 

 以上の本のエッセンスを知ることのできる内容の本だと思います。高城さんの面白さを知るにはとてもいい本だと思います。移動して暮らしたい人、定住はしたくない人、旅に憧れている人にはとても参考になる本、「多動日記」だと思います。

 

電子出版なのでタブーも知れる!!

 この本は電子出版のみの本です。出版社を通してないで高城さんの考えがダイレクトに伝わる内容となってます。本の中にも出版社を通さずに出版することで印税がより多くもらえる事や、好きなことが書ける、海外ではその様な著者はたくさんいるということが書かれてます。

 

 なかなか書かれることの少なかった、世の中の大きな組織の内情を知れる面白い本です。大手企業の悪行を名指して指摘したり、日本の内部の巨大組織のことも書かれています。本当にみんなに読んでみてほしい内容です。

 

どの章から読んでも楽しめる気軽に読める本。

 小説の様な本ですが、ストーリーが細かく続いてるわけではないので、好きなところから読めます。少し時間が空いたときにでもサクッと読める様になってるし、電子書籍なのでスマホにダウンロードして隙間時間にサクッと読むのにもいい本です。

 

 

続きがかなりきになる。 

 続編もあるようなので楽しみです。続編には変わった特殊能力を持った高城さんのような人たちがアジアに集まるような事を匂わして、アジア編に続くと書かれていたので、続編がかなりきになります。続編「多動日記」アジア編、どんな内容なんだろう❓

 

高城剛は瞑想のベテラン!!

 ちょいちょいこのブログでも紹介してる高城剛さんは瞑想のベテランでもあります。昔から自己流で瞑想をしているのだとか、定期的にアーユルヴェーダという瞑想センターにも通ってるようです。

SOUL RESET 魂の再起動

SOUL RESET 魂の再起動

 

 瞑想に興味のある方はぜひ読んでみてください。瞑想してみたい人には超おすすめです。

 

 

 

www.okinawameisou.com