沖縄瞑想日記

「ほんの少しの瞑想でより充実した幸せな毎日を!!」

Kindle読み放題「お金2.0」が衝撃的!!

 Kindleの読み放題サービスに入会して色々と本を多読しています。

 

 以前に比べて読み放題サービスの本が充実してきいるように思えます、今月の(2019年1月)オススメの本は数冊読みましたがどれも勉強になりモチベーションを上げてくれて、未来を想像させてくれる本でした。

 

 その中から特に勉強になった「お金2.0」を紹介しようと思います。これからのお金といものの価値の変化を感じることのできる内容です。是非オススメです。

 

Kindle読み放題「お金2.0」が衝撃的!!

f:id:blessman:20190114123509p:plain

 

Kindle読み放題最高!!

 月額980円のKindleの読み放題のサービスに加入して3ヶ月ほど!!

 

 読書が趣味なので、ありがたいサービスです。

 

 さらに今月はnews picksさんとのコラボでいい本が目白押し。

 

 このブログのメインテーマでもある、瞑想やマインドフルネス関連の書籍もたくさんあるので、満足して利用してます。

 

「お金2.0」 佐藤 航陽

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

   

「お金2.0

 佐藤航陽さんの本を読むのは初めてでした。お金の歴史やお金の価値、これからのお金のありかを詳しく紹介してくれます。

 

 1986年生まれと、まだ若いですが驚くほどに知識のある人だと思います。金融だけではなく歴史やテクノロジーにも明るい知識人だと思いました。

 

 佐藤航陽さんはビックデータを活用してコンサルタントをする会社を経営しているようです。この記事が佐藤さんを知れる優しい記事。

story-is-king.com

 

「お金2.0」目次 

第1章 お金の正体

第2章 テクノロジーが帰るお金のカタチ

第3章 価値主義とは何か❓

第4章 「お金」から解放される生き方

第5章 加速する人類の進化

 以上のように、本は進みます。

 

資本主義から価値主義へ!!

 「お金2.0」を読んで衝撃的だっ部分、「資本主義から価値主義へ」

今後は、可視化された「資本」ではなく、お金などの資本に変換される前の「価値」を中心とした世界に変わっていくことが予想できます。

 

私はこの流れを「資本主義」ではなく「価値主義(Valualism)」と呼んでます。

 最近ではBitcoinなどの仮想通貨や、電子マネーなどが普及しています。国家が発行するお金の価値がどんどん低くなるとなると予想していて。

 

 これまでは、お金に変えることのできなかった価値のあるもに重点を置く価値主義になると予測。

 

 ユーチューバーはお金よりも、ファンやチャンネル登録者を失うことが怖いというようです。インフルエンサーなどの発信力のある人たちの発言は価値があり、

 

 お金を生み出すわけではありませんが、現実世界に大きな変化をもたらします。その情報の価値がこれからはお金よりも大事なものとなる。

 

 お金はツールである、それ以上でもそれ以下でもない。実際に現金は少なくなって近い将来に電子化すると予想されます。

 

 さらにBitcoinブロックチェーンなどを使って政府が介入しない交換手段がこれからどんどん生まれていくと思われます。

 

 有用な情報や行動が価値になり、その価値がテクノロジーの発展に伴いお金の代わりになっていくと予想されます。

 

価値の3分類

 価値には3種類の分類ができるといいます。

①有用性としての価値  具体的に役に立つもの

 

②内面的な価値  愛情、共感、興奮、好意など実生活に役に立つわけではないけれど、その個人の内面にとってポジティブな効果を及ぼす時に、価値があるという表現を使う。

 

③社会的な価値  個人ではなく社会全体の持続性を高めるような活動も価値がある

 

 資本主義は有用性としての価値を重要視しすぎて、その他の価値を無視してきた点に問題があると指摘しています。

 

 内面的な価値や社会的な価値が可視化できる、数値化できるようになれば、内面的な価値や社会的な価値も現金の代わりに流通できるようになるはず。

 

 

大丈夫、お金から解放される時代がすぐそこに

 少し前から聞かれるようになったベーシックインカム、テクノロジーが急速に発展し、大半の労働は価値を失うようになる。

 

 そうなると失業者があぶれることになるので、そこでベーシックインカムを導入する国が増えていくとしています。

 

 ベーシックインカムとは、生活保護のようなものをすべての国民に提供するというもの。衣食住を賄う程度の価値を国が提供するというもの。

 

 もしかすると、国ではなく企業がそのサポートをするかもしれませんが。

 

  ベーシックインカム導入はまだ人類の経験したことのない世界。懸念材料としては、社会主義のような国家的没落があるかもしれないことや、

https://www.okinawameisou.com/entry/2019/01/24/165010www.okinawameisou.com

 

 治安の悪化や人生のモチベーションが生まれなくなるなどの不安な点もあります。

 

 衣食住が働かないでも保証される時代。

 

 そうなると人類はどういう行動をとるようになるのだろう❓お金から解放された人類の新しい問題です。問題が解決すると生まれる問題。

 

f:id:blessman:20190712101122p:plain 

 クリエイティブな発想が大事だとよく聞かれるようになりましたが(少し古いか)誰でもできることはロボっトがやるようになる、

 

 自分にしかできないことや自分が生み出せる価値をテクノロジーの協力を得て創造していくということが大切になる未来がすぐそこに来てると感じされられる本の内容でした。

 

 お金がお金を生む時代が終わり、テクノロジーの進化で価値というものがそのお金に変わり交換可能になる時代。

 

 さらに労働とされるものがすくなるなり、衣食住はすべての人に与えられるのが当たり前の時代がすぐそこに。

 

 その時代をどう生きる❓とにかく今を楽しみたい!!楽しませたい!!今を楽しむためなら死んでもいい!!と思わせてくれる本でした。この本に出会えて感謝です。

 

まとめ

 人生100年時代到来!!

 

 僕は健康に気をつけまくって、130歳までは生きたいと本気で思ってます。

 

 ITやネットの影響で、これからお金の価値がどんどん変化する時代。

 

 大事なのは、人の役に立つスキルを持つ事だと思います。

 

 「お金2.0」はこれからのお金の価値観をいろいろと教えてくれるいい本でした!!

 

 ぜひ一読をお勧めします。