沖縄瞑想日記

「ほんの少しの瞑想でより充実した幸せな毎日を!!」

本の紹介!!「仕事2.0」これから10年以上働く人は読むべし!!

 終身雇用はなくなり、定年もなくなる、寿命はのびる、年金の効力は事実上崩壊、国際競争力は落ちる、AIが仕事を奪う、賃金格差が広がる。

 

 これからの職場環境は未曾有の状態です。副業がOKになり、在宅ワークも見直されたり政府も働き方改革を進めています。

 

 今回紹介する著書「仕事2.0 人生100年時代の変身力」は日本人の仕事という概念を世界規模で、さらに長い目線で広げていく本だと思います、これから何十年も働くあなたにオススメの著書です。

 

「仕事2.0人生100年時代の変身力」 佐藤留美

f:id:blessman:20190125194002j:image

佐藤留美 

 1973年生まれ、大学卒業後人材関連者勤務などを経て、2005年編集企画会社ブックシェルフ設立。人事、人材、労働、キャリア関連の記事を多数執筆。2014年からNews Picksに参加、2015年副編集長。

 

情報はテレビやネットからのみの人々にぜひ読んで見て欲しい

 ビジネス環境は現在すごい勢いで変わっています、さらにこれから変化の加速度は上がると予想されます。しかしながら、周りを見渡すと今だに終身雇用や年金を当てにした仕事を探したり続けたいする人々が大き気がしてなりません。

 

 終身雇用は今の時代の流れからは生産性が生まれず、終身雇用を続ける大きな会社はどんどんリストラを余儀なくされるか潰れてしまう可能性が大きいでしょう。

 

 さらに年金は事実上すでに破綻していると思います。しかし今だに終身雇用と年金を当てにする人々が多数なを感じざるを得ません。

  

 さらに人工知能により既存の仕事の在り方はガラッと変わります。日本は少子高齢化におけるダントツの先進国でもあるので、医療費の負担と介護の方法や高齢者の労働など世界に前例のない問題に立ち向かわないといけません。

 

 日本の人々は勤勉で真面目だと思うし、長い歴史もあり技術もあり資産も今の所はあります。

 

 現在、他の国に色々と周回遅れの面も色々ありますが国民が力を合わせれば強い集中したエネルギーを生み現代の問題を乗り越える力を持ってると思います。

 

 まずはこの著書を読んで、仕事における事実を目の当たりにして欲しいです。

  

 「仕事2.0」は日本におけるこれからの仕事と人生の在り方の問題点をデータを多用しわかりやすく紹介してくれてます。

 

 ぜひ日本の多くの人に読んでもらって、仕事という概念を根底から変えて新しい時代に挑みたいと思わせてくれる本です。

 

目次

はじめに 自分のキャリアを創る

第1章 現状維持では老後崩壊、今そこにある危機

第2章 日本型の雇用の「終わり」が始まる

第3章 本当は怖い「働き方改革」の話

第4章 100年人生を生き抜く働き方

第5章 人生100年時代の「大人の学び」

おわりに 一歩の踏み出しが人生を変える

 

データ的に現状維持では日本は崩壊確定!!

f:id:blessman:20190125193658p:plain

 少子高齢化により年金は崩壊、国民皆保険も見直さないといけません。さらに労働人口の現象問題もあるので、現状維持では絶対に国としては維持できません。すでに延命装置をつけた危篤の状態です。

 

 なるべく早く新しい体(体制)に乗り移らないと、国として命日を迎える日はそう遠くなく、ドミノ倒しのように困難が困難を呼び雪崩のように危機が迫り、他国や多国籍企業によって全く新しい意図しない国になってしまうかもしれません。

 

 数年前に「ライスシフト」という本が発売されました。漫画も出ているようです。

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

 
まんがでわかる LIFE SHIFT

まんがでわかる LIFE SHIFT

 

 僕も昨年読んだのですが、これからの時代の仕事と人生を考えさせて本の内容です。「仕事2.0」は、その「ライフシフト」の内容を日本に特化した内容にした本です。

 

 

 ぜひ第1章だけでも読んですでに崩壊している日本の現状を全ての国民に知ってもらい、新しい仕事2.0の概念を取り入れて欲しい。第1章の老後の資金はいくらなのか?を知るだけでもビビって何かが出そうになってしまいますよ!!

 

 

 ちなみにこれまでの人生は3つの段階に分けられるそうです。

1、教育

2、仕事

3、引退

 

 

 しかし、寿命がのびてテクノロジーの発展が著しい現代では「仕事」のステージが長くなる。そこで職業人生を伸ばす3つの働き方を紹介しています。

エクスプローラ

 1箇所に腰を落ち着けるのではなく、様々な場所を巡って視野を広げて、自分の適性や適職を見つけようとする人。

 

インディペンデント・プロデューサー

 小さくても自分のビジネスを立ち上げ、企業と新しい形のパートナー関係を作る人。

 

ポートフォリオ・ワーカー

 複数の仕事や社会的立場をもち、様々な活動を同時並行で行う人

 

 寿命も延びるので、老後も資産運用を行い資産を増やす必要もあり資産運用の能力もこれからの人生には必要なようです。

 

テクノロジーがこれからどれくらい発展するのかが鍵

f:id:blessman:20190125193843p:plain

 「仕事2.0」や「ライスシフト」を読むとこれから備えないといけない要因を知ることができます、しかし、テクノロジーがこれからどれくらい発展し人類の生活を変えてゆくのかを知る必要もあると思います。

 

 「仕事2.0」ではこれまでのデータと推移による予想が書かれていますが、テクノロジーの発展は想像以上になると僕は思ってます。

 

 お金の価値は変化し、健康の概念も変わり、地球規模の災害が訪れる可能性もあります。

 

 変化を恐れない人間、未来志向へのシフトしながら仲間と協力して新しい時代を作る。そんな人たちが増えるようにしなければなと思わせてくれる勉強になる1冊でした、皆さんもぜひ一読をお勧めです。

 

瞑想で人生を俯瞰する!! 

 このブログのテーマでもある瞑想、僕は瞑想を1年以上に渡って継続していますが、瞑想は自分を知れるツールになると実感しています。

 

 瞑想をするといろいろな雑念が浮かんできては消えて行きます。そんないろいろな雑念を客観的に観ることが瞑想の1つだとおもってますが。

 

 その練習が自分を知るレッスンになると思います。

 

 人生100年時代、瞑想はこれからどのように生きるか客観的に観るツールになると思うので、是非瞑想をして観ることもお勧めします!!