沖縄瞑想日記

「ほんの少しの瞑想でより充実した幸せな毎日を!!」

自己洗脳で身を守る!!苫米地英人著書『洗脳護身術』

 洗脳とはなんですか??

 

 まず、おかしなカルト宗教などに洗脳されている人は少人数だと思いますが、全く洗脳されていない人という人の方が多いような気がします。

 

洗脳とは、認知レベルを含む脳内情報処理に、(第3者の利益のため)なんらかの介入的な操作を加えることで、その人の思考、行動、感情を思うままに制御する 

  と洗脳護身術では定義しています。

 

 私たちは親のしつけや教育、テレビなどのマスメディア、自分が所属しているグループに影響受けて育ってきました。

 

 洗脳とまではいかないにしても、自分や社会のためにと思って行動していたことが意図した誰かの利益になっている事も。。。

 

 脳機能学者で、オウム真理教や同じようなカルトに洗脳された人たちを脱洗脳してきた苫米地英人博士の著書『洗脳護身術』を紹介します。

 

 催眠術の使う催眠術者は、暗示を入れて人を操作するようです。

 

 『洗脳護身術』はその暗示を理解し、暗示を解く手がかりを知れる本です!!

 

自己洗脳で身を守る!!苫米地英人著書『洗脳護身術』

 

今回は『洗脳』について、少し怪しいですが瞑想は洗脳の暗示をといてくれる護身のためのツールにもなります!!

 

苫米地英人

 このブログでも何回も紹介している認知科学者の苫米地英人さん。

 

 コンピューターの分野でトップクラスのアメリカーネギー・メロン大学で博士号を取得。認知科学者、計算機科学者。

 

 現在は色々な企業のオーナーを務め、コーチングを日本に広める活動や、自由報道協会の会長をしていたり多岐にわたり活躍しています。

 

 すごい経歴の持ち主ですが、日本催眠術協会の理事という怪しい一面も・・・

www.youtube.com

 脳機能を研究していた苫米地英人さん、オウム真理教の脱洗脳に携わり催眠の世界についても詳しくなったそうです。

 

 苫米地英人さんについて詳しく紹介した記事もあるので、よかったらそちらも見てみてください!! 

www.okinawameisou.com

 

 

アンカーとトリガーと変性意識

f:id:blessman:20190806131336p:plain

 洗脳を知るにはアンカーとトリガー、それから変性意識という3つを知ることが大切。

 

 アンカーは錨(イカリ)という意味で、記憶するという意味で使われます。気持ちよかった記憶や、恐怖やトラウマなどのアンカーが利用されやすいようです。

 

 トリガーは、アンカーによって記憶された記憶を引き起こすきっかけとなるもの。

 

 例えば催眠術者が「指をパチンとならすと眠くなる」という時の指をパチンと鳴らすという動作がトリガーに当たり、眠くなるがアンカーになります。

 

 それから変性意識。

 

 変性意識というのは現実の世界よりも、仮想世界に強いリアリティーを感じている状態、いわゆるトランス状態。

 

 映画を集中してみている時、小説を読んで涙を流している時などのように、現実よりもなんらかの世界に意識を集中して時。

 

 人は変性意識状態の時は無防備になり、とても素直になり催眠術者の暗示にかかやすくなるそうです。

 

 催眠術は催眠のテクニックで人を変性意識状態へ導き、暗示としてアンカーとトリガーを植え付けて、人を思い通りに操るテクニックだそうです。

 

洗脳は強い催眠が引き起こす

 カルト宗教などの脱洗脳を手伝っていた苫米地英人さん。

 

 オウムの場合は、LSDというドラッグを食べ物に混ぜて変性意識状態にして、その間に教祖の声や写真を見ると(トリガー)至福体験が蘇ったり(アンカー)

 

 逆に、教祖を裏切る行為をすると地獄のような体験が蘇るという暗示を入れていたようです。

 

 日常で一番強い変性意識状態は睡眠なので、軽い催眠術は睡眠をとると解けてしまうそうです。

 

 しかし、カルト宗教などの洗脳は毎日強い催眠をかけるので、アンカーやトリガーが強くかかった状態でいるようになるそうです。

 

 

洗脳から身を守る洗脳護身術

f:id:blessman:20190806131413p:plain

 人を洗脳や催眠にかけるには、相手を変性意識状態にする必要があります。

 

 逆に、相手に意図的に変性意識状態にさせないためには呼吸を使うことが大切だそうです。

 

 

 洗脳護身術では、精神の基礎体力を鍛える瞑想の方法が詳しく書かれています。

 

 さらには、催眠術の方法論や洗脳の手段も詳しく知ることができます。

 

まとめ

 他人に洗脳されたり、他人の利益にしかならない行動を取らないようするためにも洗脳護身術は大切だと思います。

 

 この本を読んで『気』ってあると思いました。

 

 まだまだ科学では証明されていませんが、想像やイメージするだけで微弱ではあるけど現実世界に影響与える『気』のエネルギーがあると確信しました。

 

 目に見えない物質世界、少し怪しい世界ですが僕もその『気』の世界を楽しもうと思います。

 

 催眠や洗脳以外にも洗脳護身術で紹介されている瞑想方法は生活を豊かにしてくれるツールになると思います。

 

 天台で得度して、仏教にも明るい苫米地さんの瞑想法は試して見る価値があると思います。

 

 2003年出版の少し古い本ですが、瞑想や精神世界について詳しく書かれているので是非お勧めの本です。

 

 埋めらたアンカーやトリガーを取り外し、自分のやりたい事を楽しんでやれる人生になる手助けになる本になると思います!!